アコムマスターカードで副業の為に利用したカードローン

私は29歳で会社員をしているのですが、それとは別に副業をしながら生計を立てています。
副業は商品の撮影・管理を行っているのですが、その為に必要な機材を揃えるために、カードローンでお金を借りました。5年前なので24歳の時です。

必要なお金は30万円で、手元にあった資金は10万円程です。最初は、残りの20万円をコツコツ貯金しつつ用意しようと考えていました。
しかしよく考えてみると、20万円を集めるまでにはそれなりに時間が掛かる事がわかりましたし、今すぐに副業を行い利益を上げられる環境があるにも関わらず、それを先送りにしてしまう事が正しいのか、疑問にも思っていたのです。

そこで、カードローンを考えてみる事にしました。
しかし私は当時収入も少なく、アルバイトの立場でした。社会的な信用も低い状態でしたので、クレジットカードを作るには苦労しました。大体の審査には落ちてしまい、本当に審査が通るのか、もう無理なんじゃないかと、心配が常に頭の中にある状態でした。

「アコムマスターカードで副業の為に利用したカードローン」の続きを読む…

母親の突然の入院に動揺した私はすぐさまカードローン会社に駆け込んだ

今年55歳になる母が突然倒れたという連絡が入りました。私(25歳の女)は仕事を早退して、すぐに病院へと駆けつけました。幸い母は元気そうで、傍らにいる父と、大学生の妹と談笑していました。これなら仕事を早上がりする必要もなかったかなと拍子抜けする気持ちでしたが、その後やってきた医師に、

「腹部に腫瘍があるので手術が必要です」

と言われました。不幸中の幸いというべきか、腫瘍は悪性のものではないようですが、このまま放置するのはあまり好ましくはなく、できれば早急に取り除くことをオススメします、とのこと。

突然そんなことを言われても、私には貯金がなく、母も定年退職を迎えた父の年金でなんとか生活をしています。妹については、アルバイトはしているようですが、とてもじゃありませんが入院費と手術費の両方を負担できないでしょう。

「母親の突然の入院に動揺した私はすぐさまカードローン会社に駆け込んだ」の続きを読む…

留年した息子の学費を払うにはカードローンを利用するしかありませんでした

既に奨学金を申し込んでいる方は、重ねて奨学金の申請をすることはできない、とのことでした。家計が逼迫し、やむを得ず奨学金制度を利用して息子を大学に通わせていましたが、その息子が先日、留年してしまったことを報告してきました。就職も決まり、これで少しは家計も楽になるだろうと思った矢先のことでした。

理由を問い詰めても、息子はただ不機嫌になるばかりで口を開こうともしません。おそらく、就職が決まり、学業を疎かにしたのが原因でしょう。奨学金を何だと思っているのでしょうか。大学に行かせたこと自体が間違いだったのかもしれません。しかし、ここまできて大学を中退させるのは、息子の人生にとってマイナスの要因にしかならないでしょう。

上記の理由から奨学金申請を断られた私は、夫にも相談を持ち掛けました。残り1年の学費を払える余裕は我が家にはありません。奨学金以外にどうにかお金を工面する方法はないだろうか。

その時、テレビで偶然カードローンのCMが流れました

「留年した息子の学費を払うにはカードローンを利用するしかありませんでした」の続きを読む…

毎年4月は女房に内緒でカードローンを利用する。なぜなら…

毎年4月は出費が多い。なぜなら、

会社に新入社員が入ってくるから

歓迎会はもちろんのこと、営業部に属していると新入社員を同行させることも多く、そうなると昼食代やカフェ代は当然の如く先輩社員である私が持つことになります。義務ではないのですが、やはり後輩の前ではカッコを付けたいもの、お金がないにも関わらず、店での支払いを引き受けてしまいます。

我が家はお小遣い制となっていて、もらえるのは月に3万円程度。38歳、私より5歳年上の姉さん女房はこと金銭面には厳しく、小遣いの増額や前借りを頼もうものなら張り倒される勢いで鋭い言葉が飛んできます。家計を守ってくれるのはありがたいのですが、もう少し融通を利かせて欲しいものです。

「毎年4月は女房に内緒でカードローンを利用する。なぜなら…」の続きを読む…

自営業の私が即日融資のカードローンを利用した体験談

私自身、まさか消費者金融のカードローンを利用することになるとは思いもしませんでした。
私は1年ほど前から飲食店を営んでおり、開業資金こそ新規開業資金で、調達しものの、経営が徐々に圧迫されることになり…気が付いたときには完全に自転車操業のような火の車になっていました。

計画的な運営をしなかった自分が悪いのですが、まだ大丈夫、まだ大丈夫を繰り返しているうちに貯金も無くなり、その時に人生で初めて生活の危機というものを実感して、先日生活費のためにとうとうアコムのカードローンを申請しました。

アコムを選んだ理由は「即日融資のカードローン.xyz」というサイトでアコムだと当日中に融資が可能であるということ、さらにアコムのホームページに記載されていた「30日間金利0円」にも惹かれたからです。

年商は500万円くらいで、私自身の年収は200万円くらいです。住宅は実家の持ち家で、住宅ローンや家賃などの支払いがないことが唯一の救いでした。
所得が低いので銀行のカードローンは恐らく通らないと思い、消費者金融のカードローンにしたというのもありますが。総量規制に引っ掛からないということも事前に上記のウェブサイトで勉強していたので、審査に通る自信はそれなりにありましたね。

「自営業の私が即日融資のカードローンを利用した体験談」の続きを読む…

夫の突然の脱サラ宣言に専業主婦の私は意識が朦朧としました

50歳になる夫が突如として仕事を辞め、いきなり「ラーメン屋かそば屋をやる」と言ったら、皆さんはどう思いますか。私の反応は、無でした。しばらく言葉の意味が理解できずに呆然として、その後目の前の景色が歪んで見えました。狂気の沙汰じゃない。この時ほど夫を理解できないと思ったことはありません。

社会人になりたての一人息子も呼んでの家族会議。話し合いの結果、夫はそば屋をやることに決めました。なぜか、脱サラを容認する流れになってしまったわけです。それというのも、息子が夫の味方をしたからです。

「人生一度きりだし、いいんじゃない」

何を一丁前なことを。無茶に引き込まれる身にもなって欲しいと思いましたが、こうなったら私も一蓮托生、覚悟を決めるしかありません。昔からこうと決めたら頑として譲らない夫のこと、放っておいても店を開くところまで決めてしまうでしょう。それならば舵取りとして妻である私が関与した方が、まだ安心というものです。

「夫の突然の脱サラ宣言に専業主婦の私は意識が朦朧としました」の続きを読む…

日曜日、お金が無くて途方に暮れる私はカードローンに頼った

とある日曜日、私はお金の持ち合わせのない自分(24歳・男)を心底恨んでいました。コンビニのATMに駆け込んだものの、残高はほんの1万円ちょっと。常日頃から貯金をしていなかった自分を、さらに恨みました。

プレミア価格で数十万円はくだらない限定品のフィギュア

デパートにあるおもちゃ売り場の一角に、それはありました。しかも、定価の値段で。定価とはいっても3万円ほどします。しかしそのフィギュアは数があまり出回らなく、今となってはオークションくらいでしか見ることができない代物となっていました。それが目の前にあるのに、買えない。こんな残酷なことがあって良いのでしょうか。

とにかく今手に入れなければ、いつ誰かに先を越されてもおかしくありません。しかし、道行く人に「お金を恵んでください」と土下座するわけにもいきません。ひとまずそのフィギュアを棚の奥の方に隠し、私は策を考えることにしました。

「日曜日、お金が無くて途方に暮れる私はカードローンに頼った」の続きを読む…