大学生アルバイターの私が卒業旅行の為に選んだ手段はカードローンでした

大学生活最後の楽しみといえば、やはり卒業旅行。今年大学を卒業し、4月から一般企業に就職する予定の私も、サークル仲間と共にヨーロッパに行こうかなんて話をしていました。しかし、その費用を計算してみて驚きましたね。

1週間滞在で約20万円

もちろん削れるところを削ればもっと安くなりますし、反対に色々なオプションを付ければさらに高くなります。しかし基準となる額がこんなにも大金だとは、正直海外旅行を甘く見ていました。友人たちの顔にも苦笑いが浮かんでいます。

親にお金を借りるという選択肢も浮かびましたが、「高校生になったら自分のお金は自分で稼ぎなさい」と母親が言い放ったこともあり、借りられる可能性はかなり低いでしょう。貯金もしていないですし、今からバイトしても到底間に合いません。しかし卒業旅行は海外に行きたいという想いが消えることはありませんでした。

ふと友人の1人が言いました。

「カードローンとかどうかな」

一瞬それは名案だと顔を輝かせましたが、果たして学生風情にお金を貸してくれるものだろうかという疑問が浮かびました。早速調べたところ、

学生にも貸してくれるところが意外にありました

これはもうやるしかないという想いに駆られ、私たちはそれぞれカードローンに申し込むことにしました。申し込む会社はそれぞれが選ぶのですが、私は三井住友銀行のカードローンを選びました。既に口座を持っているという簡単な理由からです。

借入額は50万円で統一しました

せっかくの旅行、できれば豪勢にいきたいとの考えからこの額となりました。50万円でどこまで豪華になるか分かりませんが、少なくとも貧乏旅行にはならないでしょう。

学生という身分からか、審査には少し時間がかかりました。4月から就職するとはいえ、今はただのアルバイト学生ですからね、仕方ありません。なんとか審査が通り、海外旅行の資金を手に入れることができました。友人たちも上手くいったようです。

ヨーロッパ旅行はとても楽しかったです。言葉は通じないし、他にも色々なトラブルがあったりしましたが、それらを全部含めて旅行なんですよね。カードローンを利用してまで海外旅行に行って良かったです。大学生活最後の思い出ができました。

なお、返済は未だ続いています。就職すればすぐに返せるかなと思っていましたが、そこまで甘くはなかったようです。いつかまた同じメンバーで旅行に行きたいものです。今度は国内でも良いので、きちんと自分で稼いだお金で楽しみたいと思います。