自営業の私が即日融資のカードローンを利用した体験談

私自身、まさか消費者金融のカードローンを利用することになるとは思いもしませんでした。
私は1年ほど前から飲食店を営んでおり、開業資金こそ新規開業資金で、調達しものの、経営が徐々に圧迫されることになり…気が付いたときには完全に自転車操業のような火の車になっていました。

計画的な運営をしなかった自分が悪いのですが、まだ大丈夫、まだ大丈夫を繰り返しているうちに貯金も無くなり、その時に人生で初めて生活の危機というものを実感して、先日生活費のためにとうとうアコムのカードローンを申請しました。

アコムを選んだ理由は「即日融資のカードローン.xyz」というサイトでアコムだと当日中に融資が可能であるということ、さらにアコムのホームページに記載されていた「30日間金利0円」にも惹かれたからです。

年商は500万円くらいで、私自身の年収は200万円くらいです。住宅は実家の持ち家で、住宅ローンや家賃などの支払いがないことが唯一の救いでした。
所得が低いので銀行のカードローンは恐らく通らないと思い、消費者金融のカードローンにしたというのもありますが。総量規制に引っ掛からないということも事前に上記のウェブサイトで勉強していたので、審査に通る自信はそれなりにありましたね。

申し込みはネットでしました。もちろんカードローンの説明はきちんと読みました。いくらテレビCMをやっているからといって無条件に信用はできませんからね。なんとなく分かったかなというくらいで申し込みフォームに移動し、かねてより決めていた借入額を入力しました。

私が借入希望をしたのは10万円です。

これが多いか少ないかは人によるでしょうが、個人的に10万円は大金です。しかし、それでも生活費とするにはかなりギリギリの額でした。食費は覚悟さえあればある程度削れますが、家賃や保険料などはどうしても削れません。私自身が被害を被るのならまだしも、他人様に迷惑をかけるというのは、やはり許容できませんでした。

もっと借りられたら良かったのですが、不安定な職業ゆえ、返せるかどうかの見通しが確実に立たないことからギリギリの額を選びました。これ以上の額を希望すれば、カードローンの審査に通らないのではないかという懸念ももちろんありました。

ネットで申し込みをしたからか、カードローンを申し込んだという実感がなかなか沸かなかったのですが、その後すぐにかかってきた担当の人からの在籍確認の電話で一気に現実感が押し寄せてきました。本当にお金を借りてしまった、生まれて初めて借金を背負ってしまった
、といった具合でしたね。

思わず電話口で様々なことを相談してしまいました。自分で思っていた以上に不安を感じていたのでしょう。平日でしたし、こんなことなら直接出向けば良かったのですが、電話の相手(男性)は迷惑そうにもせずに質問にきちんと答えてくれました。その時の私は右往左往という言葉が当てはまるほどに動揺していたのですが、おかげで落ち着きを取り戻すことができました。

無事に審査も通り、私は無事に10万円を借りることができました。当面の生活の心配はなくなったものの、今度はお金を必ず返さなければというプレッシャーが日々私の胃を締め付けました。借りたお金はもちろん大事に使いました。無駄な出費はほとんどなかったと自信を持って断言できます。

その後、きちんと10万円を返済しました。30日以内に返済したので金利はゼロです。無事に返済できた時は、本当に安心しました。思わず大きな息をついてしまったほどです。ほんの一時ですが生活を支えてくれたカードローンには感謝しています。感謝しているからこそ、これからは生活費の為にカードローンを利用しなくても済むよう、より一層仕事に励みたいと思います。