留年した息子の学費を払うにはカードローンを利用するしかありませんでした

既に奨学金を申し込んでいる方は、重ねて奨学金の申請をすることはできない、とのことでした。家計が逼迫し、やむを得ず奨学金制度を利用して息子を大学に通わせていましたが、その息子が先日、留年してしまったことを報告してきました。就職も決まり、これで少しは家計も楽になるだろうと思った矢先のことでした。

理由を問い詰めても、息子はただ不機嫌になるばかりで口を開こうともしません。おそらく、就職が決まり、学業を疎かにしたのが原因でしょう。奨学金を何だと思っているのでしょうか。大学に行かせたこと自体が間違いだったのかもしれません。しかし、ここまできて大学を中退させるのは、息子の人生にとってマイナスの要因にしかならないでしょう。

上記の理由から奨学金申請を断られた私は、夫にも相談を持ち掛けました。残り1年の学費を払える余裕は我が家にはありません。奨学金以外にどうにかお金を工面する方法はないだろうか。

その時、テレビで偶然カードローンのCMが流れました

今まで気にも留めたことがなかったカードローン。もはや藁にも縋る思いだった私たちは、それにかけることにしました。ネットでの申し込みもできるということでしたが、まずは相談してみることにし、私はみずほ銀行に出向きました。

初めはカードローンに恐怖にも似た感情を抱いていましたが、相談してみると、それほど悪くない物に思えてきました。ボランティアではなく、あくまでビジネスの一環としてやっているという観点から説明をしてくれたことが良かったのかもしれません。善意のみでお金を貸してくれると言われるよりも、ずっと安心感がありましたね。

その日の内に学費分約100万円を借りました

ネットでの申し込みの仕方も教えてもらい、思ったよりも大分スムーズに借入を行うことができました。銀行が貸主ということもあり、安心してカードローンを利用することができました。

息子にもこのことを伝え、向こう1年はきちんと学業に専念するように言いましたが、効果が出ているのかどうかはいまいち分かりません。一応毎日学校には行っているようですが、それでも親の身としては心配でなりません。再び就職活動をしなければなりませんし、まだまだ心労は絶えないようです。

お金は目下返済中。100万円という大きな額であることに加え、1ヶ月の内で自由にできるお金が限られているので、毎月少しずつ返しています。最近では息子もバイト代から少ないながらもお金を出してくれるので、完済までの期間は計画よりも幾らか早まるかもしれませんね。アルバイトにかまけて、また留年することだけはどうか避けて欲しいものです。